• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

THE SURFER'S JOURNAL JAPAN 7.2

¥ 2,090

世界中の読者に20年間の長きにわたって愛されもっとも信頼されるサーフィン専門誌 The Surfer's Journal 誌の日本語版。 米 The Surfer's Journal誌は、サーフィン関連の出版界で長年活躍し、世界中からリスペクトされるス ティーブとデビーのペズマン夫妻によって1991年に出版されました。

『ザ・サーファーズ・ジャーナル日本語版』は、本誌TSJのフランスにつづくあたらしい外国語バージョンです。文化的にもビジネス的にも世界的な影響を持つまでに成長したサーフィン。このすばらしく深淵なスポーツを、“SURF CULTURE"というあたらしい切り口からふかく掘りさげ、20年というながきにわたって世界中のサーフィンを愛する人々に紹介してきたTSJ。その編集コンセプトとスタンスを正統に継承し、本物の“SURF CULTURE"を日本のサーフィン愛好家たちにむけて発信しています。

世界でもよりすぐりのトップ・フォトグラファーたちによってとらえられた、サーフィンのうつくしく迫力に みちた瞬間の数々。新旧さまざまなライターたちによってつづられる、ふかい洞察に満ちた本質的でバラエ ティに富んだストーリー。 その価値ある内容は、魅力的なデザインによってレイアウトされ、最高の技術によるマットストック紙 への印刷で極限のうつくしさを主張しながら、最高の品質で編集されてきました。

そのクオリティはまさに アートの域にまで達していると、世界中で高い評価を受けつづけています。 米 The Surfer's Journal誌は、まさにプレミアム的な価値をもった出版物として、雑誌と書籍の中間に 位置づけられれてきた希有な存在なのです。 そんな米 The Surfer's Journal誌と日本の外国人むけアウトドア専門誌を発行するOutdoor Japan Media社が提携し、本国オリジナル版の完全日本語版化をめざした『ザ・サーファーズ・ ジャーナル 日本語版』は、デザインもレイアウトも印刷もすべてオリジナル版のクオリティを踏襲し、 オリジナル版の内容を日本語でおつたえすることを目的に発行される本格派です。サーファーという生き方 を深く考察し、この日本を拠点にサーファーとしての生き方を追求するみなさんはもちろんのこと、あたらし い生き方をもとめるすべての人々にむけて、人生のあらたなたのしみ方を提案するライフスタイル・マガジンです。

今回のコンテンツは、

Chasing The Elusive Dream
「1969年、海外に目を向けた4人のサムライ」
文:森下茂男
日本のサーフィン黎明期におけるサーファーたちの時代マインドには、“誰が一番乗りか?"という先陣争いがあった。それは、いつサーフィンしたのかにはじまり、誰が最初にこの波(ポイント)をサーフしたのか、また、誰が最初にサーフボードをつくったのかといった「一番乗り」競争があり、そして誰がいちばん初めに海外の国際大会に出場するのかといった一番乗りレースもそのひとつだった。

Starting From Scratch
「日本サーフィン連盟設立前夜」
文:森下茂男
東京オリンピックの正式種目決定を受けて、悲願だった日本体育協会加盟など、にわかに慌ただしくなった日本サーフィン連盟周辺だが、日本のサーフィン黎明期にその礎の、さらに礎を築いた男たちがいた。

Going Lala
「ゴーイング・ララ」
じつは奥深いパフォーマンス・サーフィンの歴史。
文:デイブ・パーメンター
崩れる前の波のフェースを横に滑りはじめたのは、いつごろなのか。材料が限られ、デザインが未発達だったとしても、だれかが偶然、もしくはトライ&エラーの末、斜めに滑ることを発見した可能性は排除できないだろう。ポリネシア・トライアングルの底辺あたりでは短いベリーボード風の乗り物が使われていたが、サーファーたちがそれに乗ってララに興じていたことも、じゅうぶん考えられる。どれも推測の域を出ないものの、ひとつだけ確かなのは、サーフィンが今日の姿にたどり着いたのは、ポリネシアの海洋民族がハワイ諸島に定住した後ということである。

SOUNDINGS
「ロッカー:波にフィットするということ」
クリスチャン・ビーミッシュによるシェーパーたちへのインタビュー
文:クリスチャン・ビーミッシュ
はたしてシェーパーは、サーファーが喜ぶマジックなカーブを見つけられるのだろうか? たとえば1990年代に時代を席巻したケリー・スレーターのショートボード。そのミニマリズムはきわめて実験的な試みだった。一般サーファーのだれもが、その「妖精の靴」を手に入れて、彼のようにスピードとフローを体感したいと思ったが、多くは徒労に終わった。だが、その軽く薄いサーフボードの10年が、大きな沈滞だけを招いたわけでもない。マット・ケックルが指摘するとおり、1990年代に開発されたフリップチップ集積回路は、パワー・フロー・サーフィンとエアリアルという新境地の実現に向けた橋渡しにはなっただろう。

そのほか、The Chocolate Islands「チョコレート・アイランズ」サントメのルーツに触れる旅や、疾風のように駈け抜けたニューヨークのサーフレジェンド、リック・ラスムーセンの人生を描いたUnsafe At Any Speed「危険がいっぱい! 」や、イギリス在住フォトグラファーのファイル、Portfolio: Al Mackinnon「ポートフォリオ:アル・マッキノン」などなど、今号も話題のストーリーが満載です。

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • 佐川急便、その他

    Regional setting
    • Hokkaido

      • Hokkaido ¥ 1,220
    • Tohoku

      • Aomori ¥ 950
      • Iwate ¥ 950
      • Miyagi ¥ 950
      • Akita ¥ 950
      • Yamagata ¥ 950
      • Fukushima ¥ 950
    • Kanto

      • Ibaraki ¥ 860
      • Tochigi ¥ 860
      • Gumma ¥ 860
      • Saitama ¥ 860
      • Chiba ¥ 860
      • Tokyo ¥ 860
      • Kanagawa ¥ 860
      • Yamanashi ¥ 860
    • Shinetsu

      • Niigata ¥ 860
      • Nagano ¥ 860
    • Hokuriku

      • Toyama ¥ 860
      • Ishikawa ¥ 860
      • Fukui ¥ 860
    • Tokai

      • Gifu ¥ 860
      • Shizuoka ¥ 860
      • Aichi ¥ 860
      • Mie ¥ 860
    • Kinki

      • Shiga ¥ 950
      • Kyoto ¥ 950
      • Osaka ¥ 950
      • Hyogo ¥ 950
      • Nara ¥ 950
      • Wakayama ¥ 950
    • Chugoku

      • Tottori ¥ 1,040
      • Shimane ¥ 1,040
      • Okayama ¥ 1,040
      • Hiroshima ¥ 1,040
      • Yamaguchi ¥ 1,040
    • Shikoku

      • Tokushima ¥ 1,130
      • Kagawa ¥ 1,130
      • Ehime ¥ 1,130
      • Kochi ¥ 1,130
    • Kyushu

      • Fukuoka ¥ 1,220
      • Saga ¥ 1,220
      • Nagasaki ¥ 1,220
      • Kumamoto ¥ 1,220
      • Oita ¥ 1,220
      • Miyazaki ¥ 1,220
      • Kagoshima ¥ 1,220
    • Okinawa

      • Okinawa ¥ 3,000

*Japan domestic shipping fees for purchases over ¥ 22,000 will be free.

Related Items

  • THE SURFER'S JOURNAL JAPAN 10.1
    ¥ 2,090
  • THE SURFER'S JOURNAL JAPAN 8.1
    ¥ 2,090
  • THE SURFER'S JOURNAL JAPAN 7.4
    ¥ 2,090

Reviews of this shop